矯正歯科|オーサムデンタルクリニック|横浜市保土ヶ谷区常盤台にある歯医者

〒240-0067神奈川県 横浜市保土ケ谷区 常盤台22番7 ライズモール常盤台店 2階
045-489-7350

awesomedental7350@gmail.com

WEB予約(初診の方) WEB問診
ヘッダー画像

矯正歯科

矯正歯科|オーサムデンタルクリニック|横浜市保土ヶ谷区常盤台にある歯医者

子供の矯正治療とは?

矯正歯科

矯正治療には、大人の矯正治療と子供の矯正治療があります。大人の矯正治療とは永久歯がすべて生えそろった12歳から14歳以上から成人にかけて行うすべての歯の歯並びを並べていく本格的な矯正治療です。使える装置も表側矯正、裏側矯正、マウスピース矯正など様々です。イメージ的には、まず子供の矯正治療を1段階目で行った後に、大人の矯正治療で2段階目(永久歯すべてのコントロール)の治療を行っていきます。では子供の矯正治療とはどのようなものなのでしょうか?子供の矯正するタイミングとしては、いくつかのステージがありますのでその時のお口の状態とその時期の治療法説明していきます。

乳歯のみの時期(乳歯列期)(~6歳)

乳歯のみの時期であり、積極的に矯正治療で介入しにくい時期です。夜だけ使う柔らかい材料の装置(トレーナー)や指しゃぶりの癖を治します。経過観察や指導がメインになります。

乳歯と永久歯が混ざっている時期:早い時期(混合歯列前期) (6歳~10歳)

上下の前歯4本(上下顎中切歯と側切歯)と6歳臼歯がすべて生え終わったあたりになると小児の矯正をできる時期になります。出っ歯さんや受け口さん、ガタガタさんは症状が軽度、中程度、重度のどの状態かを確認する必要があります。小児矯正の目的としては、重度の症状が出ている場合に、症状を中度、軽度にしてあげて大人の矯正治療で治しやすくすることです。小児矯正だけで治るケースは少ないです。そのため当院では子供の治療と大人の治療の2段階の治療を行っております。状況によっては大人の矯正治療からやった方が期間も費用も抑えられることがありますのでこの時期に1度ご相談ください。この時期に見逃してはならない方がいます。受け口(反対咬合)の方だけは必ず矯正の相談を受けてください。それはなぜかと言いますと、受け口は成長期にさらにひどくなるからです。そのためこの時期にちゃんと前歯の重なりを正常にしてあげて、成長期を迎えることによって受け口が悪化するのを防げる可能性があります。受け口の子供さんは時期のアプローチで成長期でどのくらい顎が出てくるかが決まるので注意が必要です。

乳歯と永久歯が混ざっている時期:終盤(混合歯列期後期)(10歳~12歳)

ほとんど永久歯に生え変わってきており、残っている乳歯が少ない状態です。この時期にはそろそろ子供の矯正治療もできなくなってくる時期です。この時期で始めるならば場合にはほぼ大人の矯正治療へ移行する可能性が高いです。その場合には今からやってそのまま継続で大人の矯正治療へ移行するかまたは今は治療を待って大人の矯正治療(12歳~)からスタートするかを患者様に選んでもらっております。この場合にも急いで始めても、永久歯がすべて生えそろうまで待つことになりますので、時間と費用の無駄使いになる可能性がありますので、スタート時期は慎重に決める必要があります。

矯正が必要なケース

  • 乳歯のみの時点でスペースがない→将来的なスペース不足
  • 前歯にガタガタがある→叢生
  • 出っ歯さんである(上下の前歯の差がとても大きい)→上顎前突
  • 上下の前歯に隙間があり、麺類が咬み切れない。『サ』行の発音が悪い→開咬
  • 受け口傾向である→反対咬合(要注意)
  • 上下の前歯が接していて同じくらいの位置にある→切端咬合
  • 自然にお口が閉じれない→上顎前突 or 上下顎前突
  • 上下の歯の真ん中が大きくずれている(要注意)→顔面非対称

大人の矯正治療とは?

永久歯がすべて生えそろった時点(計28本)で大人の矯正治療が可能です。開始時期としては1番早くて12歳~14歳くらいには大人の矯正治療がスタート可能です。永久歯すべてをコントロールし、見た目も機能的にも将来的に安定した咬み合わせを作っていきます。

大人の矯正治療の種類

表側矯正(ラビアル矯正)

表側矯正

従来から行われているワイヤー矯正の方法です。表側にブラケットというワイヤーを通す粒を歯につけていきます。その後ワイヤーを細いものから徐々に太いものへ変えていきそのワイヤーの弾力の力で歯を並べていきます。昔はすべて金属でしたが、今は、ブラケット白いセラミックの材質のものやワイヤーが歯の色に近い白でコーティングしたものが新しく出てきており、目立たなく治療を進めていくこともできるようになっております。

メリット

治療費が抑えられる。とても歯のコントロールがしやすく、治療期間抑えられる。難しい歯並びでもうまく歯をコントロールできる。表側に装置が付いているので、歯ブラシのときに裏側矯正と比べて磨きやすい。

デメリット

表側なので、目立ちやすい(別途費用はかかりますが、ホワイトワイヤーだと少し目立ちにくくなります。)慣れるまでは頬や唇の粘膜が口内炎になることがある。

マウスピース矯正(インビザライン、アライナー)

マウスピース矯正

最近の方法で、マウスピースを1~2週間に1回交換することによって歯を動かす方法です。特にインビザラインに関しては、症例によってはすべてマウスピースのみで治療が終了してしまうものもあります。歯を効率的に動かすためにアタッチメントという小さな突起を歯につけたうえで、マウスピースを使ってもらいます(1日20時間~22時間は使用必須です)。とても目立ちにくく、歯ブラシも今まで通りできますので、しっかり毎日管理できる人であれば効率的な装置です。注意しなければならないので、抜歯するケースには不向きであること。細かいところに関してはワイヤーも併用していく必要があることです。

メリット

目立ちにくい、歯ブラシがしやすい、ワイヤー矯正に比べて違和感が少ない。裏側矯正よりも価格を抑えられる。

デメリット

使用時間(1日20時間~22時間が必須)が厳密で、マウスピースを使わないと治らない。マウスピース単独で治らないところに関しては、ワイヤーも併用することがある。抜歯のケースに関しては不向きである。

当院で行う治療の特徴

当院では精密検査の際に、従来の2次元のレントゲン写真(セファロ写真)に加えて3次元の低被爆CTレントゲン写真を導入しており、他の病院に依頼せずとも本クリニックで低被爆CTレントゲン撮影が行えます。いままでの2次元の分析法に加え3次元の要素も加えて様々な方向から患者様の現状の歯並び、骨格、歯を支える骨、歯根の状態を確認し、外からは目視できない部分もしっかり把握して確実な診断が行えます。それにより患者様にあった最終的なゴールを設定し、最短でそのゴールに到達できるように最適な装置を選択し、効率よく安心な治療を行っていきます。また最新の口腔内スキャナーを設置しています。従来マウスピース矯正の治療には、お口の中に粘土のような材料を入れて上下で10分ほどの時間を要して型取りをする必要がありました。これは患者様にとって苦痛なものでしたが、この口腔内スキャナーを入れることによって数分のスキャンで済むようになりました。とくに不快な感覚もありませんので、嘔吐反射がきつい患者様でも問題なく何度でもその都度データを取ることが可能になりました。またこのスキャナーは、患者様のお口の歯のデータをその都度記録しておくことができます。その都度どのように歯が動き、経時的な歯肉の状態も把握でき、患者様にもとても分かりやすく患者お見せできるようになっております。その他には、歯と歯の間のむし歯もレントゲンを用いずに把握する装置を導入しておりますので、むし歯の判断には極力レントゲンの撮影回数を減らしてできるようになっております。

大人の矯正治療のスケジュール

  • 初診相談 (お口の中を拝見してお話させていただきます)
  • 精密検査(お写真、レントゲン、型取り、5Diteroスキャン、(3DCT))